YouTube始めました。⇒TORU CANNEL*とるチャンネル*トルコ旅行、サッカー情報配信します。

2017年1月末トルコ・イスタンブールに旅行に行ってきた。治安・危険状況報告するよ。

トルコ治安・危険情報
YouTubeやってます。チャンネル登録よろしくお願いします。


ここ2年、イスタンブールだけで2か月に1回テロやそれに値する事件が発生しています。
2015年は6回、2016年は7回。

2017年トルコ旅行に行って大丈夫?イスタンブール・アンカラのテロ情報をまとめたよ。

外務省・海外安全ホームページでの危険情報レベルは1。

トルコ海外安全情報

そんな状況ですが、2017年1月末からイスタンブールへ現地3泊の旅行に行ってきました。

テロの影響で感じた危険、治安などの感想を簡単に記しておきます。

追記
2018年2月にもトルコ旅行行ってきました。こちらも参考にしてください。
2018年トルコ旅行報告

 

スポンサーリンク

イスタンブール・アタトゥルク空港

行き

今回はアエロフロートロシア航空を使いモスクワ経由でイスタンブールに行きました。

ちなみに同じ便でイスタンブールに行く人はいなかったように思います。

イスタンブールには深夜1時30分に到着しました。

深夜便ということもあり乗客は少なめでした。

アタトゥルク空港は深夜という事もあり人はまばらでした。

昼間は1時間に30便も40便も運行してますが、さすがにこの時間は1時間に1便程度の運行、人は少ないのは当然でした。

ちょっと参考になりませんね。

帰り

昼の14時50分発でモスクワ経由で帰国しました。

同じ便で帰国する日本人の方は数名いたようです。

空港全体の利用客は多いように感じられました。しかし、アジア系、ヨーロッパ系の人は以前に比べ減っているように感じました。

警備

警備がさほどきつくなったとは感じませんでしたが、警察官の人数は増えていました。

また、以前は腰に拳銃というスタイルが多かったのですが、今回はマシンガンみたいな大きな銃をぶら下げている警官があたりまえになってました。

何かあれば、すぐに発砲できる構えで警備している姿にはものものしさを感じました。

2016年6月28日には保安検査場付近で爆発銃撃戦が発生し42人死亡、239人以上が負傷しています。
通常通り荷物検査をしていましたが、ここで無差別な銃撃が起こったのかと思うと、さすがに足早になってしまいました。

今回行った所、通った所

ブルーモスク、アヤソフィア宮殿

土曜日の早朝、日曜日の夕暮れに通りました。土日にしては人通りは少なかったように思います。
また、この辺りを通れば頻繁に客引きに声をかけられるのです。今回は2,3人しか声をかけてきませんでした。観光客が減っているので、客引きの数も減っている感じがしました。

今までのトルコ旅行ではお土産物屋や飲食店の前を前を通ると、必ず声をかけてきて「商売熱心」な印象を持っていました。しかし、今回は前を通っても声をかけてこない店が多かったです。声をかけても、何か元気がないというかテンションが低い感じがしました。いつも感じる「商売熱心」な熱を感じませんでした。

グランドバザール

観光客の激減で、多くの店が閉店したとネット情報を見てました。シャッター街になってしまっているかと思ってましたが、多くの人でにぎわっていました。シャッターが閉まってる店もありましたが、目立つ程は閉まっていませんでした。

入口では全員にボディーチェックと金属探知を実施しています。

こんなものものしいで巡回している警官もいます。

エジプシャンバザール、問屋街

グランドバザールからエジプシャンバザールまで問屋街を通っていきました。問屋街は熱気を感じる程のかなりの人でにぎわっていました。観光客はほとんどいない感じ。

エジプシャンバザールは、こちらもかなりの人が出てにぎわっていました。

どちらも活気であふれていました。

タクシム広場

こちらは人はまばらでした。まあ、ここは何かがなければ、いつも人はまばらな感じです。

イスティクラル通り

土曜の夜に通りました。22時ごろでしたが通行人はかなり多かったです。
警察車両は巡回してました。

エミノニュ港付近

サバサンドを売っている観光スポットです。また、アジア側への船が多くでています。
土日にしては人が少なく感じました。しかし、サバサンドを売っている前の広場付近は工事中でしたし、マルマライ(大陸間地下鉄)ができてエミノニュからの船の利用者が減っている事を考えると、人の流れが分散しただけでテロの影響ではないかもしれません。

この辺りは警備はしていませんでした。

オルタキョイ

2017年元旦にオルタキョイ地区にあるナイトクラブでテロがありました。

そことは少し離れた所オルタキョイジャーミーがある辺りは週末になると若者とファミリーでにぎわいます。
訪れた時も多くの人出でにぎわっていました。

こちらは、ホントにこの国でテロが頻発しているのかな?と思うくらい人々の表情も平和な感じでした。

警察もほとんど巡回してませんでした。

カドキョイ

アジア側の街です。軽く街を散策しました。ほとんど観光客もいなくて、地元の人でにぎわう感じでした。
警察もほとんどいませんでした。

サッカースタジアム

イスタンブールにある2つのスタジアムでサッカー観戦をしてきました。

1つめはガラタサライのスタジアム「トルコテレコムアレナ」

ガラタサライはトルコで一番人気のあるチームのはずですが、観客はガラガラでした。2割か3割程度しか観客が入っていなかった。テロの影響で人の多く集まる所に出向くのは控えているのかなと感じました。

2つめはベシクタシュのスタジアム「ボーダフォンアレナ」

一転ベシクタシュの試合は9割ぐらいは観客が入っていました。12月には、このスタジアムでの試合の後に近くでテロ発生したのにも関わらず。

単にチームの勢いの差でしょうか。ベシクタシュは前年のリーグ優勝者であり、今季も首位を走っています。

サッカーに関してはテロが影響してるのか、どうなのか微妙です。

ホテル

ホテルの価格が観光客の減少を一番物語っています。

とにかく、安い。

2年前に泊まったホテルは前回宿泊して時よりも7割ぐらい安くなってました。確か1泊7000円が、検索したら1泊2000円になってました。朝食込ですよ。普通に綺麗なプチホテルですよ。

2人で泊まったら1人1000円じゃないですか。朝食込で。やばすぎです。

今回利用したホテルも1泊2500円ぐらいでしたが、通常価格の半額ぐらいだと思います。

ホテルの客層としてはアラブ系が多かったように思います。

警察、政府関係の建物

今までに発生しているテロの対象は警察、政府関係が多いことからか、警察署とか政府関係らしい建物は警備の雰囲気が違いました。

何か、近寄りがたい感じがしましたし、警備している警官にも緊張感がありました。

また、誰も近寄ろうとはしていませんでした。

トルコ人の話

ちょっとトルコの人と話す機会がありました。トルコ人も平和とはもちろん思ってなくて、人が多く集まる場所に行くことは控えている人が多いようです。

まあ、そりゃそうですよね。

個人的な感想

トータルな印象でいうと、前年の旅行時と同様平和な感じでした。
少し、警察官の数と装備が増えているという印象です。

もし、トルコでテロが頻発していることを知らなければ、不穏な空気は全く感じないでしょう。

しかしながら、テロが頻発しているのは事実で、多くの人が巻き込まれて死亡しているのも事実。

旅行レベルでのお話と前置きしておきますが、治安の悪い国への旅行と違ってテロは突発的に発生するため、「ここは近づかない方がいい」「何か、ここは止めといた方がいい」などの旅行者の意識での危機回避が難しいと思います。

早く、トルコを取り巻く情勢が旅行者を安心できる状態になってほしいものです。

参考

2017年トルコ旅行に行って大丈夫?イスタンブール・アンカラのテロ情報をまとめたよ。

2017年トルコ旅行記もご参考に
2017年トルコ旅行記
2018年2月にもトルコ旅行行ってきました。こちらも参考にしてください。
2018年トルコ旅行報告

トルコ治安・危険情報
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
どうにかなるさ!トルコをフォローする
どうにかなるさ!トルコ旅行

コメント・質問

  1. リカ より:

    こんにちは。初めまして。
    突然すみません。来年の2月のトルコへの旅行を考えている女子大生です。

    同じロシアの飛行機でモスクワ経由し、夜中の1時にイスタンブールに到着するのですが、

    到着後はどのように時間を過ごされましたか??
    女子2人で行くので、少し不安です!!!

    • どうにかなるさ!トルコ より:

      リカさん こんにちは。
      私は朝まで空港の出発ロビー(2F、到着ロビーは1F)で過ごしました。同じく時間を潰す為に人がたまっている所があって、みんな寝ていました。
      他の所にも空いているイスはいくらでもありましたが、仮眠をとろうと思うと人がいる所の方が安心でした。
      朝まで時間を潰すならば、深夜は人が少なくて不安な面はありますが、空港が一番いいと思います。女子2人でも危険な事はないと思います。
      参考になれば幸いです。